FANDOM


テンプレート:サッカー選手 カルロス・サンターナ (Carlos SANTANA) は、高橋陽一の漫画『キャプテン翼』に登場する架空のサッカー選手である。

(声:井上和彦(劇場版)/関智一西村仁
経歴(バーラFC - CRフラメンゴ - バレンシアCF

来歴・人物 編集

ブラジルユース代表FW。赤子の頃サッカーフィールドに捨てられていた孤児であり、幼少時はグラウンドキーパーの老夫婦に育てられた。「神の子」と呼ばれ幼少の頃から類まれなるサッカーの才能を持っていたが、育ての親の老夫婦が死亡したのちバーラに引き取られ、奴隷同然の教育とサッカーの特訓を受けることになる。そして彼は心を持たず勝利のみを追求する「サッカーサイボーグ」と呼ばるようになった。後に自らの活躍がマスコミに注目される頃に自らの知名度を利用してバーラの魔手から逃れることに成功し自由の身となる。自由になった後もサッカーサイボーグとしての性質は変わらないままだったが、翼との対戦を通じ改心した。前回ワールドユースでは17歳でブラジルを優勝に導く。

得意技には「サンターナターン」「ローリングオーバーヘッド」等があり、翼が放った技を模倣し完全に凌駕した技も次々に繰り出している。またワールドユース決勝で翼と日向と火野の3人の得意技を全て合体させた「トルネードアロースカイウィングシュート」を放ったが、若林に防がれた。決勝戦終了後、生き別れになっていた母親と再会し、その後はスペインでともに過ごしている。

名前のモデルはミュージシャンであるサンタナカルロス・サンタナから。

【ROAD TO 2002】ではバレンシアに所属。FCバルセロナ戦にてブラジル出身の先輩選手リバウールと激闘を繰り広げた。試合中、母親が翼夫妻と初対面しており、試合後に自宅に招待している。

劇場版編集

原作漫画に先行する形でアニメ版の映画作品『キャプテン翼 世界大決戦!! Jr.ワールドカップ』に初登場している。ロベルト本郷の愛弟子で、ブラジルチーム及び南米選抜チームのエースストライカー。多彩なテクニックに加え、強じんな足腰とバネ、冷静なプレイスタイルから「サッカーサイボーグ」との異名を持つ[1]。スラム街で生まれ育ったためハングリー精神が強く、「勝利こそすべて」が信条。試合でも個人技に走り、チームメイトともろくに会話もしない状態であった。そのためロベルトから「翼はお前にない何かを持っている」と警告を受ける。ヨーロッパ選抜との対戦では温存、出場せず。決勝の全日本戦ではロベルト仕込みのドライブシュートで若林から先制ゴールを奪う。その後、自分のサッカーが全日本に通用しなくなり苦悩する中、チームワークの大切さに気付き改心する。原作とは異なり髪の色は金色。

テクモ版編集

テクモ版には「II」から「V」まで登場。「II-IV」まではファーストネームの「カルロス」で登録されているが、「V」では「サンターナ」の名前で登録されている。原作とは性格の違いが見られ、テクモ版では原作初期の屈折した部分がなく最初から好青年である。

「II」では所属クラブ・フラメンゴFCの背番号10番を背負う攻撃的MFで、「ジャイロの再来」と言われている。翼がブラジルへ渡った15歳の時、既にサッカー関係者から一目置かれる存在であり、ミラージュシュートの開発にも着手していた。その3年後のリオカップでは、完成させたミラージュシュートを武器に活躍、予選では全試合ハットトリックを達成した。また、翼の噂を耳にして決勝トーナメント進出後にサンパウロFCの1回戦と3回戦をスタンドから観戦し、翼の実力を警戒すると同時に対戦の日を心待ちにする。リオカップ本選では決勝戦で翼率いるサンパウロFCと対決するも敗北、ワールドユースでの雪辱を誓う。ワールドユース代表ではFWに転向し(背番号は9番)、チームの得点源として活躍した。実力もさる事ながら、人格的にも優れた選手で、リオカップ時から不遜な態度を取っていたコインブラに対して、彼の実力を素直に認め、ユース決勝敗戦後には日本を倒すために力を貸して欲しいと要請した。

「III」では翼のサイクロンの弱点にいち早く気付き、リオカップ決勝後に翼に「サイクロンは諸刃の剣だから気をつけろ」とアドバイスしていた。ユニバーサルユースでは準決勝で全日本と対戦。

「V」のサブシナリオにおいて、コインブラの負傷による長期離脱が原因で極度の大不振に陥った彼が、コパ・アメリカで立ち直る様子が描かれている。ワールドトーナメントではブラジル代表のキャプテンを務め、5回戦で日本と対戦した。対日本戦では後半のみ登場する[2]。個人技にこだわるシニョーリに対しチームプレイの大切さを身をもって教えた。ちなみに「V」のサンパウロFCにカルロスという名前の控え選手がいるが、彼とは別人である。

得意技 編集

ドライブシュート
劇場版にて使用。ロベルト本郷直伝の技。(体制を崩した)若林からゴールを決めている。
ゴールデンイーグルショット
地を這うシュート。松山のイーグルショットを上回る威力を持ち、サンターナが言うには「まともに受ければ指が複雑骨折する」ほど。元は翼が繰り出したイーグルショットを模倣した物だが、サンターナが放った技はそれを凌駕したものだった。
ローリングオーバーヘッドキック
空中で体にひねりを加えてオーバーヘッドキックを放つ技。翼のオーバーヘッドに対抗して繰り出した技。
スカイウイングシュート
わざと地面を蹴りながらシュートする事でボールに強力な伸びを与える。日向の雷獣シュートと同じ技。
トルネードアロースカイウイングシュート
火野のトルネードシュートのように体を回転させながら、翼のアローシュートのように足をしならせつつスカイウイングシュートを放つ技。サンターナ曰く「この世に存在する究極のシュート」で、ペナルティエリア外から放ったために若林に防がれるものの、彼の手を負傷させた。
フライングドライブシュート
翼の繰り出したフライングドライブシュートを模倣して繰り出した。サンターナはこのシュートを超射程でありながら容易に放っている。
サンターナターン
相手に背を向け、ボールを相手の後方に蹴り上げながら相手を抜き去るというドリブル技。翼が真似をした際にオーバーヘッドによって防ぐ方法も自ら披露した。後に翼が真似るがあっさり撃墜している。
ツインシュート
ナトゥレーザのコンビ技。2人同時にシュートを放つ。

ゲームにのみ登場する技 編集

オーバーヘッドキック
ミラージュシュート
無数の残像を残しながら飛んでいくシュートで、テクモ版「II」から登場。ちなみにこの技のみ劇場版でも登場しており、シュナイダーが『ミラージュ・ボール』という名で呼んでいた。また、原作のワールドユース編でもサンパウロとの試合で、名称はないがブレ球のようなシュートを撃っている。
ファントムシュート
ミラージュシュートの強化版で、テクモ版「IV」に登場。
ステルスシュート
ミラージュシュートのように残像を残しつつ、コインブラのマッハシュートのようにキーパーの手元で消える。テクモ版「V」にのみ登場。
分身ドリブル
相手に残像を見せながらドリブルする技。テクモ版「II」から登場。
リーサルツイン
コインブラとのコンビ技で、ミラージュシュートとマッハシュートでツインシュートを行う。ミラージュシュートのように残像を残しつつ、マッハシュートのようにキーパーの手元で消える。

脚注編集

  1. 『キャプテン翼 世界大決戦!! Jr.ワールドカップ』での片桐の解説
  2. シニョーリと交代。
No image この記事は書きかけです。是非とも、この記事に加筆してみてください。画面上部の「編集」をクリックすると、編集画面になります。