FANDOM


テンプレート:サッカー選手 日向 小次郎(ひゅうが こじろう)は、高橋陽一の漫画『キャプテン翼』に登場する架空のサッカー選手。主人公・大空翼のライバル的存在。アニメ版の声優は鈴置洋孝(初代)、檜山修之(J)、松本梨香(2001年版少年期)、子安武人(2001年版青年期)。大空翼のライバルとして設定されたため、翼のモデルである水島武蔵の「武蔵」から連想して「小次郎」と名づけられた。

人物編集

明和小学校サッカー部 ・ 明和FC - 東邦学園中等部 - 東邦学園高等部 - ユベントス - レッジアーナ

(テクモ版では、東邦学園高等部(II) - メキシコシティー(III、IV)- ユベントス(V)))

ポジションはFW。埼玉県・明和市(テンプレート:要出典範囲)出身で、小学4年時に父を交通事故で亡くした[1]母子家庭の四人兄弟の長子。常に翼達の前に立ちはだかってきた努力型の天才ストライカー。そのパワー・闘志あふれるプレイや必殺技から「猛虎」と呼ばれる。小学生のうちから新聞配達・屋台の手伝いなどのアルバイトに精を出し、家計を助けるためにプロを目指す。そのハングリー精神が日向の強さと人気に繋がった。自他共に厳しい人物で、甘さがある人間に対しては容赦がない。チームではカリスマ的な存在であり、信頼も厚かった。そのような事情もあってか、小学生から中学生の間は、沢田タケシや若島津健はずっと彼のことを「キャプテン」と呼んでいた。また、実力を重視する考えから、当時小3で部活動に加入できなかったタケシの実力に目を付け、特例でタケシにチームへの加入を認めるなど先進的で大人びている面を見せる。小5の時点で小6全員が小次郎に勝てない状態であった。また、チーム全体の力をしっかり把握し、冷静に分析する一面もある。一見無愛想で硬派なので取っ付きにくいイメージがあるが、小学生時代は元気で明るい一面を見せる事もあった。その豪快な突破力と強力なシュートで幾度も全日本のピンチを救って来た日本最強のエースストライカーである。ユニフォームの袖を肩まで捲くっているのが特徴。 周りからは「日向」・「日向君」と名字で呼ぶが、岬太郎と吉良監督は「小次郎」と名前で、かつ呼び捨てで呼ばれ、ファンの女の子からは「コジコジ」と呼ばれている。

小学生編編集

小学生の間はチームの練習にはほとんど参加せずアルバイトで家計を助けていた。地区予選では決勝戦の後半からタケシとともに途中参加し[2]、逆転優勝を果たした。地区予選大会優勝後、No.1GKとの呼び声の高い若林源三の実力を耳にする。南葛SCへの偵察の際に若林からペナルティエリア外からのシュートを決めてみせるが、後に若林は脚を負傷していたことを知り、全国大会での決勝戦ではペナルティエリア外からのシュートに拘るなど、かなりプライドが高いところをうかがわせている。全国大会の初戦で南葛との対戦に勝利するも翼との個人の私闘に負けたこと、また、東邦学園のスカウトに「翼か日向、優勝したどちらか一人を東邦のエースストライカーとしてスカウトする[3]」と告げられたことから、翼に対して憎悪に近いライバル心を抱くようになる。結果的に準優勝ではあったが全国大会での活躍が認められ、名門東邦学園にスカウトされた。

中学生編編集

東京都の東邦学園に特待生(学生寮(クラブハウス)生活で大学卒業まで奨学金が出る)として入学。実力はチームでも群を抜いていたが家計が安定した事から、以前の様な闘志が消え失せ「牙の抜けた虎」と吉良監督に叱咤された。また、片桐も小学時代は若林・翼・岬の南葛3大選手を苦しめたのに対し、中学時代は翼1人に全国制覇2連覇を許した、と成長の伸びの無さを批判した。この事により北詰監督の許可を得ずに勝手にチームを離脱し吉良の待つ沖縄へ渡り、「タイガーショット」を編み出す。無断でチームを離脱した責任から最後の大会への参加を禁止されていたが、決勝戦前夜に北詰監督に「決闘状」を提出、グラウンドに現れた北詰監督に土下座をする。そこで「沢田、反町、若島津の3人を1人で相手して点を取れたら出場を許してやる」と言われ、タイガーショットであっさり点を取った事で出場を許された。なおこのシュートは、若島津に「手を抜いたのではなく、あまりの球のスピード故に反応できなかった」と言わせた程でもある。決勝戦ではベストコンディションを終始維持し続け、タイガーショットを連発して南葛を苦しめるも、引き分けによる同時優勝、結果的には翼に勝てなかった。しかし、作者の高橋陽一の「日向の努力しても報われない姿を描いていて可哀想になり、当初の予定を敢えて変更した」との判断から、『南葛中学優勝』から『両校優勝』にストーリーが変更された。 なお決勝戦に出場できたのは、チームメイト全員の必死の懇願や吉良監督が北詰監督に「日向小次郎を沖縄に呼んだのは私です。どうか、決勝戦に彼を出してやってください」とあてた手紙もあったからでもある。

ジュニアユース編編集

全日本ジュニアユースでは当初キャプテンを務めていたが、遠征試合初戦のハンブルク戦で相手のシュナイダーにわざとボールをぶつけられ反発したことで、相手のGKであった若林に「甘えた」として批判される。ハンブルク戦での惨敗や若林とのトラブルの責任からキャプテンの座を松山に譲渡した。当初は松山と共に翼の代表入りを反対していたが[4]、後に代表入りを認めた。この頃から翼への憎しみは消え、彼を頼もしいチームメイトとして見るようになり、大会でも翼と抜群のコンビプレイを見せている[5]。また、自身の目標も「打倒、翼」から「世界一のエースストライカー」に変わる。シュナイダーに追いつくため吉良監督から贈られたブラックボール(普通のボールの3倍の重さ)を使ったトレーニングを始め、「ネオ・タイガーショット」を編み出し、結果、全試合でゴールを決め日本の優勝に大きく貢献した。初登場時から無印版連載終了まで、回想を除きノーゴールで終えた試合はなかった。

高校生編編集

高校では『翼、そして若林のいない日本では誰にも負けない』と宣言、東邦学園高等部で選手権三連覇を飾ったが、三年生のインターハイは怪我で欠場した為、南葛高校に優勝されてしまう。

ワールドユース編編集

ワールドユースでは、アジア予選前に突如出現した「リアル・ジャパン・7」に敗北したことに伴い、新監督・賀茂港の命令で岬らと共に合宿所を離脱させられ、アジア一次予選には出場できなかった。彼はしばらく単独で合宿所にとどまるも、松山に説得され出ていくことにした。再び沖縄に渡り、ソフトボールのピッチャーである赤嶺真紀が「ライザーボール」を投げる際に、わざと腰の辺りに肘を擦ってから投げるというのを見て、それをヒントに山に引き篭り、「ネオ・タイガーショット」を上回る「雷獣シュート」を身に付けて合宿所に戻り、リアル・ジャパン・7の火野竜馬との対決を制して代表復帰を果たす。アジア二次予選ではサウジアラビア戦で雷獣シュートを解禁、巨体のバルカンさえも吹っ飛ばすなど無敵を誇った。ワールドユース本戦でも予選ではその実力をいかんなく発揮するも、翼がロベルトから教わった、同じ原理の「スカイウィングシュート」を使えるようになってからは仕事を取られるようなことも多く、決勝トーナメント3戦は0ゴールに終わった(スウェーデン戦やブラジル戦でアシストは決めている)。なお、母の医療費を手に入れるために地元の浦和レッズへの入団を決めかけたが、若島津が横浜フリューゲルスとの契約金を日向に渡す事で慰留している。ちなみに沖縄で知り合った赤嶺真紀と、別れ際にデートをする約束を交わすが、実際にデートを行った描写は無い。

ROAD TO 2002編集

その後、念願のユベントスへ移籍。そこで現在までの過度な自主トレによるボディバランスの悪さを指摘され、トップチームの試合に出場するも相手DFのトラム、カンナバルに全く歯が立たず、肉体改造に専念することとなった。その後試合への出場機会を増やすため、セリエAからセリエCのレッジアーナへとレンタル移籍。セリエCでのゴール量産とレッジアーナの昇格を目指す。その際ユベントスのフィジカルコーチであるマッツァンティーニに「レッジアーナでゴールを挙げた回数分だけピザをおごる」という約束を交わしている。実際にゴールを挙げた数だけ配達させているようだが、その影響からか太り気味になったマッツから「カロリーが控えめなものを選ぶように」と注文されている。

海外激闘編編集

硬派[6]アナログ人間だった日向はメールパソコンを使うようになり、恋人(?)である赤嶺真紀とも電話で話すようになる。タケシに「人間って変われば変わるもん」とまで言われている。マッツへのお礼のピザは要望に応え、スペシャル特大ピザから低カロリーSサイズピザにしている。マッツのチェックにより体躯のバランスも良くなっている。チームメイトであるゴッツァが副業で経営しているレストラン迄のロードワークが日課で、そのレストランの常連客との食事しながらの会話でイタリア語が上達している。葵新伍との直接対決に勝利したが、3位チームが負けた為、新伍・小次郎共にセリエBに昇格した。赤嶺の事を言われると赤面する一面もある。

ストライカーでありながら近年はアシストやおとりとなる動きなどチーム第一のプレーも出来るようになり、翼を筆頭としたワンマンプレーが目立つ主要キャラクターの中では最も精神的に成長した人物。コーラが好物で、スポーツ選手らしくない面も。

主な背番号は9番。クラブチーム(ユベントス)やフル代表では、「1+8」(=9)の背番号を使用している。レッジアーナでは78番(虎)を使用している。また、明和から東邦学園時代は10番を使用していた。9番は全日本ジュニアユースに選ばれて以降の背番号で、国際ジュニアユースでの活躍を機に、「ストライカーナンバー9を背負い、世界のエースストライカーを目指す」と決意した。

戦歴 編集

  • 小学6年生
    • 第六回全日本少年サッカー大会準優勝
  • 中学1年生
    • 第十四回全国中学校サッカー大会準優勝
  • 中学2年生
    • 第十五回全国中学校サッカー大会準優勝
  • 中学3年生
    • 第十六回全国中学校サッカー大会優勝(南葛と引き分けで同時優勝)、第一回国際ジュニアユース大会優勝
  • 高校1年生
    • 全国高校総体(インターハイ)優勝、全国高校サッカー選手権大会優勝
  • 高校2年生
    • 全国高校総体優勝、全国高校サッカー選手権大会優勝
  • 高校3年生
  • 19歳
    • ワールドユース選手権大会優勝

ゲーム版編集

テクモ版では、「III」で若島津とともにメキシコに渡り、「V」ではセリエAへ渡った翼を追って若島津とともにユベントスへ移籍した。若島津が(正GKの負傷というアクシデントがあったとはいえ)スタメン入りしている一方でベンチ入りすらさせてもらえず苦悩する。その後、対レッチェ戦で翼と再戦したことで自分を取り戻し、スタメン入りを果たした。だが、対パルマ戦でシニョーリに実力の違いを見せ付けられ、ストライカーとしての自信を喪失してしまう。ワールドトーナメント序盤では全く戦力にならない状態が続いていたが[7]、その後、翼がブーストサイクロンを編み出したことに刺激を受け、自身もファイナルタイガーを編み出し、スランプを脱出した。

得意技編集

パワーを生かした技が多い。

原作に登場する技編集

オーバーヘッドキック
タイガーショット
沖縄の吉良監督の元で、荒波に向かってシュートを撃ち続け身に付けた強靭な足腰から放たれるシュートに名前がついたもの。そのため、特別な回転はかかっていないが、コンクリートの壁を壊し、ゴールポストに当たればボールが破裂するほどの威力を持つ。命名者は日向本人ではなく、東邦の試合中の脇で放った場面を偶然目撃した東都スポーツの田島記者によるものである。ハンブルク戦でシュナイダーのファイヤーショットを体験した若島津によれば、手元での伸びという点でファイヤーショットには及ばないという判断だったが、それでも現地の観客が思わずファイヤーショットと同等と錯覚する程。
カウンターシュート
相手のシュートを打ち返すことで、凄まじい威力を発揮するシュート。南葛中VS東邦学園との試合でドライブシュートを打ち返したが、それをさらに翼に打ち返されている。テクモ版のゲームでは隠し必殺技として使用可能。相手の必殺シュートをブロックすると8分の1の確率で発動する。
オーバーヘッドタイガーショット
背面とびの要領で敵選手を飛び越え、間髪いれずにオーバーヘッドを放つ。対南葛戦での同点ゴールになり、その際には止めたキーパー森崎を助けに入った翼ごとゴールに押し込む威力を見せた。テクモ版のゲームでは「タイガーオーバーヘッド」と表記され、オーバーヘッドながら低い球からのみ発動できる(Vでは高い球に変更。ちなみに低い球には下記のタイガーダイビングヘッドが追加された)。
ネオタイガーショット
吉良監督から贈られた通常の3倍の重さを持つブラックボールでの特訓により、更に強力になったタイガーショット。ヘルナンデスの右手指2本を骨折させ、またミューラーはこのシュートを右腕一本で受けたがゴールを割られた上に右肩を負傷した。ファイヤーショット同様、止まったボールがブスブスと煙を上げて燻る程の威力を誇る。
タイガーダイビングヘッド
ネオタイガーショット習得の過程で鍛えられた脚力から繰り出されるダイビングヘッド。テクモ版では「V」で登場。
タイガーパス
タイガーショットをパスに応用したもの。テクモ版では「V」に登場。
ドライブタイガーツインシュート
翼とのツインシュート。通常のツインシュートよりも威力が大きい。テクモ版では隠し技で、ストーリーを一定以上進めた上で原因は問わないが味方が必殺シュートを3回続けてゴールを逃すという条件をクリアした上で8分の1の確率で発動できる。ただし、日向は地上シュート枠がいっぱいのため、翼のみ使用可能。
東邦ツインシュート(パス)
沢田タケシのジャンピングボレーに、オーバーヘッドで合わせたツインシュート。2人のキック力に大きな差があるため、大きく曲がる。原作ではこの曲がる性質を利用し、岬へのパスとして使用。テクモ版では「V」に登場。
雷獣シュート
わざと地面を蹴り、その反動で足を弓矢のようにしならせ、威力を増大させるシュート。最初は低空で飛び、キーパーの手前でホップする。逆風をものともせず、大木をも薙ぎ倒すほどの威力を誇るが、足への負担が非常に大きく、自力では地上からしか放てないという弱点もある。ソフトボールの「ライザーボール(投げる直前にわざと自分の腰に手を当てるというてこの原理を利用することで瞬発力を大幅に増加し打者の手前でホップさせる魔球)」からヒントを得、山にこもり通常よりも重いブラックボール(吉良ボール)を使用し編み出した。
降臨雷獣シュート
(次藤の)背中を踏み台にジャンプし、一気に相手DFを抜き去って着地の瞬間に雷獣シュートを放つ技。
ジャンピング雷獣シュート
空中で(翼の)スパイクの裏で雷獣シュートを放つ技。地面の反動を利用する雷獣シュートにはボレーでは打てないという弱点があったが、この方法によってボレーでも打てるようになった。
雷獣パス
雷獣シュートでパスを行う技。
ワイルドタイガーショット
ボールの芯を正確に蹴ることで、威力を増したタイガーショット。セリエAに乗り込む際に、雷獣シュートに変わる必殺シュートとして編み出した。得意のパワー以外にも物凄い正確さが要求されるため、わずかでも体がブレると失敗する。
直線的ドリブル
相手を一気にふっ飛ばして文字通り直線的に猛進するドリブル。
猛虎タックル
日向のスライディングタックル。
直角フェイント
力任せの強引なプレーばかりではプロの世界で通用しないと悟った日向が、葵の同名の技を参考に編み出したフェイント技。

劇場版に登場する技編集

トリプルオーバーヘッド[8]
翼、岬とのコンビ技。劇場版『ヨーロッパ大決戦』で披露。岬がオーバーヘッド、そのボールを日向がオーバーヘッド、そのボールを翼がオーバーヘッドする技。
トリプルコンビ[8]
劇場版『ヨーロッパ大決戦』と『危うし!全日本jr』に登場。翼と岬のゴールデンコンビ、日向と沢田の明和コンビ、松山と小田のふらのコンビ、6人でパス回しをするという技。『危うし!全日本jr』では岬の代わりを三杉が務めた。
イーグルショット[8]
劇場版『危うし!全日本jr』に登場。翼に二年連続で敗退(小6と中1の全国大会)したことから吉良監督の下で猛特訓に励んだ末に編み出した技。鷲が獲物を捕らえる様子をヒントに編み出した。松山のイーグルショットとは異なり、ボールがキーパーの手元でぐんぐん伸びる。ヨーロッパno1キーパーのヘフナーは全く反応できなかった。
ツインオーバーヘッド[8]
劇場版『危うし!全日本jr』に登場。翼とオーバーヘッドで放つ弾道的ツインシュート。

ゲームにのみ登場する技編集

ごういんなドリブル
相手をパワーで強引にぶっ飛ばし、猛進するドリブル。あまり続けてぶっ飛ばし過ぎるとさすがに勢いが弱まる。上記の直線的ドリブルと極めて類似。
ライトニングタイガー
テクモ版「III」から「V」に登場。IIIではドイツ代表でクラブチームではインテルに在籍するGKのデューター・ミューラにネオタイガーショットを止められた事にショックを受けて失踪し、帰って来た際に編み出しており、Vではブラジル代表でクラブチームではパルマに在籍するシニョーリに圧倒的な差を見せつけられ戦意喪失、極度のスランプに陥った日向が彼の復活のために設けられた日本代表紅白にて先のオランダ戦でクリスマンによってサイクロンの弱点を見事につかれた事でこの試合で改良したサイクロンを編み出し、ブーストサイクロンを初披露(この際に日向にゴール前にタイガーパスを上げてくれと頼まれた)した翼に触発され、見事復活。直後にライトニングタイガーを放った。試合必殺シュート。IIIでは途中で習得。IVでは最初から使用可能。Vでは途中で習得可能だがすぐ後にファイナルタイガーを習得可能。必殺シュート枠の関係で新必殺シュートを習得するとなぜか暫定最強のこのシュートが犠牲になるため(ただし、一時的に出現する可能性のある隠し技、ドライブタイガーツインシュートは例外)、ドラゴンタイガー、あるいはファイナルタイガーを習得した後は使えなくなる。
ドラゴンタイガー
テクモ版「IV」にのみ登場。ラテンアメリカカップ決勝で翼に負けた際に自分の甘さを自覚し、プロ生命を掛けて編み出した必殺シュート。コンクリートの壁に突き刺さるほどの威力を持つ。
ファイナルタイガー
テクモ版「V」にのみ登場。フォームの無駄を無くし、日向のキック力を100%伝えたタイガーショット。上記のスランプから脱出後にライトニングタイガーを習得し、直後にブラジル戦で「借りを返すぜ!」とわざとシニョーリの土手っぱらに向かって放ち、シニョーリをぶっ飛ばす。さらにキーパーのゲルティスも必殺ダークイリュージョンを放つがぶっ飛ばし、どの位置で放ってもゴールネットを突き破りコンクリートの壁を貫通する。観戦中の三杉も絶賛した。ブラジル戦でイベント[9]を発生させないと習得できない。
タイガータックル
テクモ版「II」から「V」に登場。原作で見られた強烈なタックルに名称が付いたもの。
東邦コンビ
テクモ版「II」から「V」に登場。沢田と高速でワンツーリターンを繰り返す技。
ツインタックル
翼とのコンビ技。日向のタイガータックルのあと翼がタックルを仕掛ける。「III」に登場。オールスターモードで翼と日向が敵の場合のみ使ってくる。プレイヤー側に翼と日向がいても使用できない。
弾丸シュート
MEGA-CD版の小学生編に登場。
明和コンビ
MEGA-CD版に登場。沢田と高速でワンツーリターンを繰り返す技。

脚注編集

テンプレート:脚注ヘルプ

  1. 「ワールドユース編」10巻51p
  2. 地区予選で対戦相手をラフプレイでけがをさせ、相手チームはおろかチームメイトからも「やりすぎ」と非難された。これに対し日向は「甘いことを言うな」「じゃあお前らだけで戦ってみろ」と言い残し、一時チームを離脱した。そのままチームがピンチに陥り日向に助けを求めたため再度出場することになった。
  3. 翼も小学生時はCFだった
  4. 反対していたのは翼に対する憎しみからではなく、翼抜きで作り上げたチームに「今更翼のお情けで勝っても意味がない」と考えたから
  5. 予選のアルゼンチン戦では翼のドライブパスをダイレクトでタイガーショットでゴールに打ち込み、決勝の西ドイツ戦ではドライブタイガーを編み出した。
  6. 毎年、小次郎宛にファンの女の子から大量のバレンタインデーチョコが送られてくるが、一切手を付けずに、全てタケシに渡しており、見送り時のプレゼントすら受け取らない。
  7. プレイ中は能力がガタ落ちしてる上にハーフライン辺りから全く動かなくなってしまう。
  8. 8.0 8.1 8.2 8.3 作中の実況によるフレーズ
  9. 日向がボールを持った状態でシニョーリと接触することが条件

外部リンク編集

テンプレート:Manga-stub